インドネシア日本企業への転職、仕事探しなら

インドネシアには日本企業が多数進出しています。

 

この背景にはインドネシアの人口の多さ(約2億5千万人)の消費購買意欲を巨大市場と見ている事

 

また物価が安く人件費も安いため生産拠点として考えている事

 

中国進出からの転換先として、

 

日本企業が多く入ってきている状況があります。

 

 

 

日本人の転職のチャンスは?

 

一方で、日本人の就労状況はどうかというと、企業の数に比例しておらず仕事探しがしやすい状況と言えます。

 

2年程度の職歴がある20〜30代のビジネスパーソンなら転職してインドネシア勤務を実現する事は可能でしょう。

 

また50歳以降のシニアエンジニアも管理職、技術指導者としての需要があったりします。

 

新卒でインドネシアへ、というのはビザの関係もあり無理なのでまずは職歴を着けてから転職するのが先です。

 

 

日本人の人材が必要とされてるのはどこ?

 

 

インドネシアで働く日本人を求めているのは日本企業が大半で、業種には偏りが見られます。

 

最も多いのが製造業で半数を占めます(自動車関係が多い)。この他、商社や物流系、IT系も昨今ではメジャーとなってきました。

 

 

仕事探しをする上で重要なのは過去の職歴とスキルです。同一職種でなければ転職は難しいです。
この辺の事情は日本国内での転職事情と変わりありませんね。キャリアをリセットするのは不利なのです。

 

 

インドネシア語不問のケースも多い

 

気になる語学力ですが英語でTOEIC 700点をベースとしてるところが多いです。(すべての職種でというわけではありません。)

 

日本人や日本企業との仕事が多い職場では当然日本語ですし、日本人顧客に適したサービスや営業を提供できることが重要です。

 

場合によっては接待やゴルフなどもありえるでしょう。

 

 

 

インドネシアの日本企業への転職をスタートするには

 

まずはどんな会社がインドネシアに進出しているのか調べる所からです。

 

インドネシアでは日本の自動車や部品等の製造業が多い他、商社や貿易会社が出入りしています。

 

この業種からの募集は多く見られますけど職種に関しては様々です。情報収集に欠かせないのが人材紹介サービスを使う事ですので、例えば3つほど挙げておきます

 

 

1.リクルートエージェント

 

 

インドネシアの日本企業への転職を考えるならまず登録しておくと良いサービスがこちら。

 

グローバル人材向けの転職支援を行っています。

 

主に国内転職での扱いとなるのでインドネシアへは駐在員として活躍する形での就業が期待できます

 

 

2.JACリクルートメント

 

 

インドネシアに拠点があり仕事の紹介を行って転職をサポートしてくれます。

 

日本企業の他、外資系企業なども取引あり。駐在員の案件、現地採用での案件も見つかるでしょう。

 

国内で登録、活用できます。

 

 

3.ファロ・リクルートメント セルナジャヤ

 

 

アジア各地に拠点がありインドネシアでも仕事の紹介を行う他、会社設立の支援も行っています。

 

主に日本企業の現地採用での仕事紹介や転職の支援、生活情報などを提供しています。

 

インドネシア在住者、日本在住者でも使えます。

 

 

 

求人は多いと言えども情報収集は大変なので上手に活用されると良いでしょう。

 

 

 

 

日本企業への転職活動となると

 

給与や待遇のメリットを享受したい駐在員を目指すなら日本企業への転職となります。

 

国内での一般的な転職活動のようになります。人材紹介サービスのスタッフに仲介してもらいながら進めればOKです。

 

 

長くインドネシアに滞在したい現地採用を目指すにしても、国内で転職活動でOKな場合が殆どです。

 

面接で現地に渡航するケースもありますが昨今はWEBを使って面接する事が多いですね。

 

別件で参考

 

日本企業でなく、現地の企業への転職を想定している場合ですが、対日本企業ビジネスで日本人労働者が必要になってくるのでそのような求人を探します。

 

実力の世界ですので結果が出なければ高い給与を払う事もありませんので解雇もありえます。

 

即戦力が基本でインドネシア語と英語が有利に働きます。社内での言語はインドネシア語が多くなります。

 

 

インドネシアの人口動態に期待、日本企業の進出があいつぎ転職先も豊富

 

近年の急激な経済成長や人口増加により、インドネシアでは日本企業の進出がさかんです。1〜2年で数百社規模で増加を続けています。

 

そのうちの約半数が製造業です。中国の新規進出が減少を始めた2007年頃から少しずつ人気を集め、2012年には中国につぐ2位の新規進出国となりました。

 

こういった背景から、元々は中国から変わる生産拠点としての注目がされていたのみでした。

 

しかし最近ではサービス業や卸売業、小売業といった、市場としてのインドネシアの注目度も高まっているといえます。

 

婚活事業や人事サービス事業なども進出しています。これは人口の半分が20代の若者であるという点が、働き手のみでなく商品面でも期待されている点です。

 

外食産業に関しても、モスバーガーやランプ亭、吉野屋や大戸屋等のチェーン店から、インドネシア発で提携した日本料理店などもあります。

 

 

またインドネシア国内での自動車販売台数の需要増がでており、日本企業の現地法人の設立が進んでいます。それにともなって人材の募集も増えています。

 

自動車やバイクの製造のみならず、ドアロック、シート部品、ホイールといった自動車部品の製造や販売、原材料などの関連事業の進出も相次いでいます。

 

インドネシアは、豊富な天然資源の存在に恵まれており、石油や天然ガスなどのエネルギー資源、天然ゴムや銅鉱、さらにはコーヒーや紅茶など多様な資源があります。

 

そして中国やインドにも近接しているという地理的な利点があることも今後経済成長が見込め、日本企業の進出が進んでいるのです。